隠居芸人の節倹投資日記

壁の外へ行こう。

【アリババ】衝撃に備える【ソフトバンクG】

   f:id:inkyoworld:20210411214042p:plain

 

独禁法違反によりアリババに3000億円の罰金が科されると報道がありました。アリババの通期利益は約2.5兆円だったと思いますが、その約10%に相当する罰金です。EPSがその分減ることになるので、単純に考えれば、株価(EPS×PER)は220HKDから200HKD(190HKD)くらいまで急落してもおかしくありません。一方、現在の220HKDが既に十分「制裁」を織り込んだ株価であるとすれば、「悪材料出尽くし」によりここから上昇に転じる可能性もなくはないです。いずれにしても、今週はアリババとSBGは大荒れ(正念場)になるかもしれません。

 

ソフトバンクGのNet Asset Value(NAV)の半分をアリババが占めていることを考慮すると、10%*0.5=5%程度はソフトバンクGも影響を受けるでしょう。

株価は現在10,000円なので、9,500円まではサクッと下がってもおかしくないです。過剰に反応することもあるでしょうから、あっさり9,000円を下回っても驚きません。

 

私自身は、今回の罰金発表を受けて下げるならば、この局面は買い場になると考えています。ストロングバイ男です。

 

200HKDを割ってくるようならアリババの買い増しを実施します。

 

当局の干渉はやはりなかなか厳しいものがありますが、「アリババは2021年末時点で276HKD」「ソフトバンクGは2021年末時点で12,000円」と、このブログでは勝手に予想しておくこととします。

 

アリババの底値予想については、靴おじ氏のブログの考察が参考になりました。

(過去の実績ベースで170~180USDらへんが底になるのではないか)

 

粛々とインデックスを買い続ける傍ら、ソフトバンクGとアリババを集めていきます。

 

ちなみに、これら以外で欲しい個別株は、高配当かつ成長が見込めるソフトバンクです。以前記事にした時よりずいぶん上がってしまいましたが、再検討のうえ、近々ポートフォリオに加えるかもしれません。

 

ソフトバンクGやアリババのホルダーの皆さんは衝撃に備えましょうという記事でした。

 

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。