隠居芸人の節倹投資日記

壁の外へ行こう。

音楽が流れ続けている限り、踊りを続けざるをえない。

どうも隠居芸人です。

 

昨日、PAI(中国平安保険)500株、ICBC(中国工商銀行)2000株を買いました。

 

これにてAlibaba600株(180万円)、SMIC500株(20万円)、NIO(蔚来(ウェイライ)汽車)75株(50万円)、PAI500株(70万円)、ICBC2000株(15万円)の買付が完了しました。

(※一昨日買ったNIOは、昨日売却済。)

 

PAIをあと500株取得すれば、予定数量に達し買付終了、晴れて現金待機おじさんです。

 

先日読んだ本にこんなことが書いてありました。

 

2007年7月に米シティグループの最高経営責任者が英紙に「流動性という音楽が止まったらやっかいなことになるが、音楽が流れ続けている限り、踊りを続けざるをえない。われわれはまだ踊っている」と語ったとされるが、翌年の2008年にリーマン・ブラザーズが破綻、10月のシティなど米大手銀行へ巨額の公的資金が注入された。今回のコロナバブルも同様の結末を予想しておく必要がある。

 

……シティグループ最高経営責任者の物言いが村上春樹っぽいのはさておき、頭の片隅に置いておきたい言葉だと思いました。

 

「金融相場キターーー、米国株ウェ~イ」な雰囲気を感じつつ、素直に米国企業を買う気にはなれず、マーケット(というよりTwitterか……)を見渡してたどりついたのが金・金鉱株と中国株でした。

 

 

要するにそういうことなのかもしれませんね。

 

●中国平安保険(Ping An Insurance)

中国平安保険はぐずぐずしているうちにあっという間に80HKDから100HKDまで上昇してしまいました。中国二季報を読むと、この会社の「モンスター」ぶりがよくわかります。コロナで一時的に前年比利益が29%減少したものの、前年比20~40%で成長を続けている会社です。

 

中国平安保険(02318)は、時価総額で中国最大の保険会社であり、生保、銀行、損保、資産運用管理、医療やハイテク、フィンテックなどを含め多種多様な事業を営むコングロマリット企業です。(中国二季報)

 

中国株界隈を追っていると、こんな記事が紹介されていました。やや長いですが、気になる方は読んでみるといいと思います。約2年前の記事です。

中国・平安保険のアプリ「好医生」とは- デジタルがリアルを包み込むってどういうこと?第3回 | - エクスペリエンス・デザイン・パートナー (bebit.co.jp)

 

●阿里巴巴集団(Alibaba)

アント上場延期、独占禁止法違反の調査、ジャック・マーの行方がわからないなど、不穏な空気が漂いすぎているアリババですが、一昨日こんな記事が出ていました。

アリババが「果物」の物流倉庫を続々建設する訳 | 「財新」中国Biz&Tech | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 (toyokeizai.net)

「一説では、産地で収穫された果物のうち消費者の口に入るのは3分の1だけで、3分の1は選別ではねられ、3分の1は(売れ残るなどして)廃棄される」ということですが、アリババがやっているのは「(デジタル技術を駆使した)自動選別装置の導入によって付加価値を高め、損耗を減らす(廃棄を減らす)」取り組みだそうです。

廃棄が少なくなって農家も収入アップしてアリババも儲かるとか、かなりエクセレントな取り組みと言わざるをえません……。

こうして無人化が進み、人が働かなくてもよくなっていくんでしょうね。最近、私にもようやくベーシックインカム普及の未来が見えてきました。自動運転、無人タクシー(しかも公共交通機関以下の価格で乗れる)は本当にすぐそこまできているようですし、あまり強く意識してきませんでしたが、AI革命真っただ中だったんですね……。

 

何度も書きますが、今回買った中国株は5年以上保有する予定です。5年というと、リタイアまでの期間になります。リタイアする頃、これらがいかほどの評価額になっているか楽しみです。

 

暴落時は、CXSE(中国ETF)、テンセント、アリババ、日本株ではSBG(ソフトバンクグループ)を買っていきたいと思っています。ERUS(ロシアETF)にも興味あり。

 

アリババは正直どちらに転ぶかまだ判断しかねますが、傘下であるアントの先行きを含め最終的にどのような規制処分となるのかはっきりして、不透明感が払拭されれば株価は一気に跳ねると見ています。もちろん、国有化によって半値八掛け二割引コースも可能性としてはあるでしょう……。投資はあくまでも自己責任でお願いいたします。

 

「アントは既存金融機関と同様の規制を受けることとなり、成長が2桁%鈍化」だとか、「国に召し上げられるのではないか」などと言われ悲観が漂っている今こそ、リスク許容度の範囲で買い集めておきたい株のように思われました。現時点の資産・知識・株価では、これ以上私は怖くて買えないですが……。

 

アントの上海・香港上場延期、中国当局がジャック・マー氏を指導 - Bloomberg

 

(お手数ですが、1日1クリックよろしくお願いします。)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ